明神綜合建設
  • ホーム
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • 新築を建てるとき 〜風の通り道を考える〜 自然の力をうまく利用して、快適で住みやすい環境を作る
  • 新築を建てるとき 〜風の通り道を考える〜 自然の力をうまく利用して、快適で住みやすい環境を作る

    IMG_5615
    家を建てるときに、日当たりのいい明るい家を建てたいと考える方はたくさんいらっしゃると思います。

    もちろんそれも大事なことですが、風の通りやすい家づくりを考えることもとても重要です。

    風通しの悪い家では、心地よくないばかりか、カビの発生原因にもなるなど、健康面でもマイナスになるのです。

    また、エアコンをつけなくても過ごしやすい季節には窓を開けて自然の風を家の中に取り込みたいですよね。

    風のよく通る家は経済的にもプラスになるかもしれません。


    <風通しのいい家をつくる2つのポイント>


    1.風は南から北へ吹く

    2.温かい空気は上昇する

    この2つ基本をおさえながら考えていきます。

    1.風は「南→北」へ吹く
    地域や周辺環境によって風向きは異なりますが、この基本が大切です。

    つまり南北に窓を設けるということ。

    敷地条件や建物の配置、狭小地などの都合上どうしても南北に窓をつけれない場合もあります。

    そんなときは2つの方角に窓を設ける=風の通り道を作る。

    ※西の窓は西日を考える。南の窓は日射遮蔽をしっかりと。

    2.温かい空気は上昇する
    1階の人が多い生活空間で温められて空気は2階へと上がっていきます。

    例えば夏場は2階に上がると暑いと感じると思います。

    1階で温められた空気は2階へと上がっていきます。

    そこで1階の窓と2階の窓で風が通り抜ける空間がいるようになります。

    そこで吹き抜けがあるのが理想です。

    吹き抜けがあり、2階の天井近い高い位置に窓があると風が通り抜ける通り道ができます。

    吹き抜け以外なら階段の踊り場に窓を設けるなど階段スペースをうまく使うこともできます。

    そして・・・
    風が通る=大きい窓は間違い!!
    風が通る家づくりを考えるうえで注意点もいくつかあります。

    ・防犯面も十分に考慮する
    ・プライバシーを配慮する
    ・家具の置き場所も考えておく
    ・窓の種類を考える(高窓、地窓、掃き出し窓、縦横すべり出し窓etc.)
    ・耐震性・断熱性も考える

    上記の注意点もふまえながら快適な家づくりを進めていきたいですね。





    キャプチャ
    2e06d2d667bddbe65f08022cd8ba41c0_t_jpeg


  • ホーム
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • 新築を建てるとき 〜風の通り道を考える〜 自然の力をうまく利用して、快適で住みやすい環境を作る
  •