北欧の照明器具 ルイスポールセンの魅力

北欧の照明器具ブランドとして大変人気な「ルイスポールセン」。

「近代照明の父」とも呼ばれる人物「ポール・ヘニングセン」がデザインした「PH5」はルイスポールセンを代表するアイテムとして長年愛されてきた名作照明です。

「PH」の名は彼のイニシャル。「5」は直径50㎝のメインシェードに由来します。

魅力➀ 電球の眩しい光が直接入らない。明るいのに眩しくない光の広がり。

魅力② 三枚のショードの美しさ。

魅力③ カラーバリエーションも豊富。お好みに合わせて。

シェードと電球の位置関係を検証し、発光部を巧みに隠す一方、光線がシェードのどの部分にも同じ角度であたるように計算しています。

テーブル面を明るく照らし、着席する人々の表情をやわらかく見せるには、卓上から器具下端の距離を600mmと、低く吊り下げるのが最適です。

現代のインテリアとしても支持されている「ルイスポールセン PH5」。

一度心地よい光を体感してみてください。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる