明神綜合建設
  • ホーム
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • 傾斜地の住宅には、標準で地下空間を取り入れることを提言します 〜西成区の民家崩落ニュースから感じたこと〜
  • 傾斜地の住宅には、標準で地下空間を取り入れることを提言します 〜西成区の民家崩落ニュースから感じたこと〜

    大阪市西成区で起きた民家崩落事故の映像をご覧になられましたでしょうか?

    ※下の写真はスクリーンショットです。動画は流れないのでご注意ください



    幸い住民の方達の怪我等はないようで安心しましたが、なかなかの衝撃映像でした。
    崩落の詳しい原因は調査中とのことですが、似たような住宅については早期見直しが必要であると感じます。


    擁壁がコンクリート造りではない等、根本的に擁壁が適切な建設条件を満たしていない場合は除きますが、崖の上や傾斜地に建設する家に対しタイト・モールド工法の地下空間は非常に有用であると考えております。

    その理由について書かせていただきます!


    まず、30度を超える傾斜があるような がけ 等の上に家を建てる場合、「がけの下端から水平距離が、がけの高さの2倍に相当する距離以内の位置に家を建ててはいけない」という「がけ条例」と呼ばれる建築制限があります。



    崩落する危険のある土地に家を建てると危ないですから当然ですよね。
    しかし、擁壁という壁状の構造物をがけの傾斜面に設置することで地盤が崩れることを防ぐので、上記の条例以内の場所に家を建てることが出来ます。
    (擁壁にもがけ条例の基準があり、古い石積みの擁壁だと、条例の基準を満たしていない場合があります。今回の大阪市西成区の住宅の下の擁壁も古い擁壁に見えますのでこの条例を満たしていない可能性があります・・)


    ここで注目すべきは、コンクリートやブロックで擁壁を施工した後、がけ側に土を戻す「埋戻し」という工程があることです。




    上図のように埋戻しをされた土の上に家を建てることになるのですが、一度掘り返された場所の土です。
    もちろん重機等で転圧され固められますが、表面的なものですから強度面で不安を感じないでしょうか?


    タイト・モールド工法の地下空間では、基礎のコンクリートを打設時に地下空間の土間と壁を同時に打設します。
    また、基礎コンクリートの立ち上がり部分も同時に打設されるので、隙間の無い非常に強い基礎で家全体を支えることが出来ます。



    地下空間部分のイメージとしては、太いコンクリートの柱が地中に刺さりこんでいると思っていただいたら良いでしょうか。

    「支持層」と呼ばれる沈下などが起きない地盤層に地下空間のコンクリートを乗せる、もしくは支持層に近づけることでより家を安定させることが可能です。




    地下室や地下空間というと、「プラスワンの床下収納空間」「一定した温湿度」という強みのイメージが強いですが、タイト・モールド工法の地下空間は、より深く地面に入ることでより強い家を実現する一つの施工手段であると思います。


    明神綜合建設では、傾斜地の家は地下空間を標準で施工した方が良いと考えています。
    大切な家と家族を守るため、地下空間を取り入れることも検討してみてはいかがでしょうか?

    弊社では基礎工事を自社で実施しますので、低コストで地下空間を作ることが可能です。

    地下空間についてや、タイト・モールド工法について相談を承りますのでお気軽にお問い合わせください。


    クリックすると回ります!
    ▼ 360°カメラで見渡す上棟前の地下空間 ▼





    ※地下空間施工に関しては、敷地の地盤調査及び試掘をして判断いたします。
      地下水位の状態等によっては施工できない場合もありますのでご了承下さい。




  • ホーム
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ
  • 傾斜地の住宅には、標準で地下空間を取り入れることを提言します 〜西成区の民家崩落ニュースから感じたこと〜
  •